浮気調査を自分でやってみたい⁉

皆さま こんにちは。

南の島の探偵こと総合探偵IDです!

総合探偵ID











今回のテーマは

【浮気調査を自分でやってみたい】についてでございます。











皆さま結構興味ありますよね・・・!?



ある日、偶然にも配偶者(パートナー)のスマホを見てみたら浮気が発覚・・・

はたまた、外出中に見知らぬ異性と二人きりでラブラブの様子を見てしまった・・・


そこから感情任せに相手に問い詰めて自白させようとしたり

何とか証拠を撮って言い逃れできないようにして

別れる準備をしよう!


依頼者様の中には上記のような方々もいらっしゃいます。


ですが、ほとんどの方は上手く結果が出せず

離婚問題を得意とする弁護士先生に相談したり

当社をはじめとする探偵業に依頼されたりしています。


もちろん、ご自身で上手く立ち回って証拠を掴んだり

相手に自白させたりして配偶者(パートナー)と浮気相手から慰謝料を請求し

親権問題や養育費などもご自身で解決し

離婚をされた方もいらっしゃいます。


現代のIT機器の進歩は凄まじいですからね!

配偶者(パートナー)のスマホにGPSを設定できたり

スマホの写真 / 動画の性能も馬鹿にできませんので

(他にもいろいろありますが割愛)


ご自身で結果を出せるなら

弁護士先生や探偵に相談する時間なども必要ないですし

何よりも依頼する費用がかからないことが大きなメリットです!!


ただ、完璧と言えるぐらいに上手くいったケースは

おそらく100人中、2~3名程度じゃないでしょうか(データがないので感覚ですが)


それほど、ご自身で浮気の証拠を掴むことは難しいのです!


では、何故に自分で証拠を掴むのは難しいのか⁉
独断と偏見を交えながら解説させていただきます。











僭越ながら、ご説明させていただきます。



自分で証拠を掴むのが難しい理由

【顔バレしている】

これは言わずもがな。
浮気の証拠を掴む(証拠と認められる写真や映像を撮る)には
相手と距離が離れすぎていてはいけません。

距離が離れ過ぎると、スマホなどで撮っても
写真や映像の顔や全体像がボケてしまい
相手方に言い逃れされてしまう可能性が高いです。

ですので、距離を詰める必要性がありますが
距離を詰めれば、それだけ相手からも見られる確率が高くなります。

赤の他人なら
例えばレストランや居酒屋で近くに居ても気にはならないでしょうけど
知人、とりわけ一緒に生活している人が近くに居たら
非常に驚きますよね!

証拠を撮る前に尾行していることがバレると
当然ながら警戒MAXになってしまい
証拠を撮るどころではなくなってしまいます・・・

相手に近づかなくてもいいように
一眼レフ&望遠レンズがあれば上手くいくかもしれませんが
数十万円もする機材一式を所持している方は少ないでしょうしね・・・

これが自分で証拠を掴むのが難しい理由になります。



自分で証拠を掴むのが難しい理由

【時間の確保が厳しい】

自分で浮気調査をしたいと考えても
仕事や家事や育児などがあって

「浮気調査だけに使う時間」

これを確保するのが結構難しいです。

浮気人の典型的な行動パターンですが

1.浮気相手を迎えに行くor 待ち合わせする
2.食事やドライブや映画などデートをする
3.ホテルに行く
4.浮気相手を送る or 適当な場所で別れる
5.帰宅

こんな感じです。

時間的に短くても4~5時間ほど
長いと10時間ほどかかるケースもあり
状況次第では一晩なんてことも珍しくありません。

短時間なら調査に使う時間を
確保できるかもしれませんが
さすがに一晩となると、かなり厳しいと思います。

あらかじめ行動パターンを把握できていて
しかも短時間で済む!
これでしたら問題ないでしょうが
かなりのレアケースになります。

これが自分で証拠を掴むのが難しい理由になります。



自分で証拠を掴むのが難しい理由

【尾行・張込みの技術不足】

尾行や張込みは傍から見ると簡単そうに見えますが
意外と難しい側面もあります。

あまり細かく記載すると
当社だけではなく
業界全般に影響が出る可能性があるため
簡単に説明しますね。

尾行は
歩く速度・相手との距離を適切に保たないと
見失ったり相手に警戒を与えてしまいます。
車両の尾行も同様です。

張込みは
出入り場所が遠すぎると発見が遅れ
近すぎると警戒を与えてしまいます。

加えて、尾行も張込みも
上記の顔バレがあると
難易度はとても上がります!
現場経験の長い調査員でも厳しくなります!!


手の内を全て明かすわけにはいきませんので
簡潔になりましたが
自分で証拠を掴むのが難しい理由になります。



いかがでしたでしょうか⁉

他にも理由はいくつかありますが
自分で証拠を掴むのが難しい理由の
主な要因を挙げてみました。



自分の最愛の人が
自分以外の異性と仲睦まじい状況を見てしまうと
怒り・嫉妬・哀しみ
あらゆる感情が一気に吹き出してしまいます。

そして、考えるよりも先に
身体が動いてしまいます。

そうなってしまうと
多くの場合
自分が望んだ結末とは
遠いものになってしまうかもしれません。


浮気の発覚がわかると
心や精神が大きく揺さぶれてしまいますが
何とかグッと気持ちを抑えて
身体と心を落ち着かせて

まずはご自身がどうされたいのか
一度考えてみましょう。


浮気相手と別れてほしいのか
二度と浮気をしないようにしたいのか
離婚する決心をするのか


それから
弁護士先生に相談するなり
探偵に依頼するなりの
行動に移してほしいです。

「短気は損気」「後悔先に立たず」
という言葉もあります。


今後の人生において
後悔しないためにも
可能な限り
最善の行動を取られることを
願っています。


以上、本日のテーマをお送りしました。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


一般社団法人日本調査業協会

http://nittyokyo.or.jp/

沖縄県探偵調査業協会

http://okinawa-kyoukai.sakura.ne.jp/

総合探偵ID

https://www.sougou-tantei.com/

コメント

このブログの人気の投稿

Frequently Asked Questions ~よくある質問~

探偵のミスによる依頼者様へのリカバリー